脳の血流が悪い体調不良になりやすい!

脳内の血流が悪いと様々な体調不良が起きやすくなります。よくいわれるのがうつ病や睡眠障害などです。他にも注意力が散漫になったり、疲れやすくなったり、などがあります。

 

血液の流れが良くない原因は食生活の偏りが起こす栄養不足や睡眠不足などの生活習慣をはじめ、冷え性がち、血圧が高め、コレステロール・中性脂肪などの数値が高い、といった諸症状も関係しています。

脳血流改善に良いサプリは?

脳の血流を良くするために血液の流れをスムーズなものへと導く栄養の補給が大切です。中でも効果的なのがイチョウ葉エキス・DHA・EPA・レシチンなどです。当サイトはこれら有効成分を配合したサプリを紹介していますのでどうぞ参考にしてください。

 

健康家族 イチョウリーフの特徴

健康家族 イチョウリーフは、頭のスッキリ・ハツラツに良い5つの有効成分を配合したサプリメントです。イチョウ葉エキス・ビタミンE・アマニ油・DHA・シソ油を含んでいます。5つの中でもイチョウ葉エキスは特に高齢者のうっかり、もの忘れなどの症状に働き、また近年は認知症やアルツハイマーなどの対策にも注目されています。健康家族は製造にもこだわっており、安全性の高い商品のみが受けられるJHFAマークも取得しています。

価格 3348円
評価 評価5
備考 イチョウ葉エキス・ビタミンE・アマニ油・DHA
健康家族 イチョウリーフの総評

記憶力の維持する効果が報告された機能性表示食品!

 

きなりの特徴

きなりは、イワシやマグロなど青魚に多く含まれるDHA・EPAをたっぷりと配合したサプリメントです。発売以来1年を過ぎいまや定番ともいえる商品となっています。一番の魅力はなんといってもサラサラ成分DHA・EPAが1日分に500mg含有していること。これは他社製品と比べても圧倒的な含有量を誇っています。さらに酸化に弱いDHA・EPAをしっかり守るアスタキサンチンなどの酸化防止成分も含まれており、飲めばわかる!実感力も魅力的なサプリメントです。

価格 1980円
評価 評価4.5
備考 DHA・EPA・ナットウキナーゼ

 

キユーピー 卵黄コリンの特徴

キユーピー 卵黄コリンは、脳血流改善と活性化に働くレシチンパワーを配合したサプリメントになります。体内への吸収率も高く、脳の血流を良くする卵黄レシチン(コリン)をたっぷり含有しています。さらに、亜鉛・ビタミンB群・ビタミンEなどの健康維持成分も同時に含まれます。脳の活性化、スッキリを実感したい人におすすめです。

価格 4590円
評価 評価4
備考 卵黄レシチン(コリン)・亜鉛・ビタミンB群・ビタミンE

 

脳の血流を改善するにはどうしたらいい?

 

脳の血流をピンポイントで改善するのは、体のほかの部位よりはやや難しいものです。例えば足がむくむので足の血行改善を試みたいという場合、足の筋肉をマッサージすれば、筋肉は血液を押し出すポンプの役割も果たすため非常に効果的に血流改善効果が得られます。

 

ところが、脳と直接つながっている大きな筋肉などはないため、筋肉をマッサージすることで脳へ直接血流を促すということはできません。

 

有酸素運動

 

最も確実な方法は、有酸素運動を行い全身の血流を改善することです。適切な強度の有酸素運動は気分もリフレッシュさせてくれますが、これは脳血流が大きく改善されるという理由も含んでおり、全身を循環する血流が改善されることで脳を巡る血流も当然ながら改善されます。

 

また持続的な全身運動は心肺機能を強化するため、非運動時の血流を改善する効果もあり、何重にも効果的でおすすめな方法といえます。

 

参考:脳血流に良い運動

 

ツボ&マッサージ

 

また、頭部のツボをマッサージしたり、頭部の筋肉をマッサージするというのもある程度の効果は見込めます。前述の通り、頭部の筋肉をマッサージしてもその筋肉が直接脳へ血液を供給するわけではありませんが、それでも脳に比較的近い部位の筋肉をほぐすということは、ほかの部位の筋肉マッサージよりは効果があるでしょう。

 

脳血流を改善すると言われているツボなどもありますので、ツボや頭部の筋肉の部位などを調べて、効果的なマッサージ法を覚えてみるのも手軽な血流改善法としてはいいでしょう。

 

参考:脳血流に良いツボ、マッサージ

 

脳の血流が低下する原因とは

 

人間の体の中で最も重要な臓器と言える脳、脳の唯一の栄養源は糖分であり、糖分の供給経路は血液です。近年、脳の血流状態と脳の働きとの相関関係について研究が進められており、鬱病や痴呆症などとの関連性が指摘されています。

 

すなわち、脳の血流は重大な病気と結びついているなど脳の健康にとって非常に重要なファクターであり、今まであまり気にされることがありませんでしたが、実は脳の健康維持のためには定期的な検査と改善が求められる要素だったのです。

 

脳の血流が低下する原因はいくつもあります。そもそも体全体の血流が悪いという人はやはり脳の血流も悪くなる傾向があり、冷え性や逆に高血圧の人、動脈硬化を煩う人は高リスクです。

 

また脳血流も遺伝などの要素があるため、家族に痴呆や鬱病を患っている方が複数いる場合、自分も高リスク群だと考えた方がいいでしょう。

 

脳血流低下の原因やその影響は未だ研究途中で、そのメカニズムが完全に解明しているわけではありません。そして脳血流が平均よりも劣る人が必ず何かしらの病気にかかるというわけでもありません。

 

しかし脳の健康を考えた際に他の人よりもリスクが高いことは確かだといえそうです。ですから、体の活性が低くて脳血流が低下していたり、動脈硬化で血管が狭いことで脳血流も悪いなどといった人はそれらの原因を見直し、改善を図ることが体の健康にも脳の健康にも役立つことは間違いありません。

更新履歴